2018.05.05

こんにちは♪

Hugvie銀座の石野です(^^)

 

 

 

昨日はお客様の施術中に、

停電が約1時間程起こり、とても驚きました(>_<)


どうやら、お店の入っているマンションだけではなく、銀座近辺で発生した停電とのこと。

 

 

久々に何だかとてもハラハラしました((((((゜ロ゜;

 

 

 

 

 

最近、お客様が施術を受ける際、

『痛気持ち良さ』を求める方が増えているように感じますが、、

 

 

 

 

皆様は、アロママッサージにどのような力加減を好みますか?(^^)

 

 

 

 

『痛気持ち良い』

が人気というのには、

 

 

実は理由がありまして、、

 

 

 

 

アロママッサージの最中に

『痛気持ち良さ』取り入れることで、

 

 

 

 

お客様は、

 

①脳内から【エンドルフィン】と呼ばれる快感ホルモンが分泌され

 

 

②気持ち良い状態が持続し

 

 

③副交感神経が優位に働き身体が緩みます(^^)

 

 

 

 

ここでのポイントは、

「ただ単に痛いだけの施術」

にはならないようにすること(°°;)

 

 

 

力を入れすぎたり、

力の方向を間違えると、痛感受容器という痛みを認識するポイントが反応してしまい、

 

 

 

今度は逆に、

 

 

①交感神経が優位に働き、

②緊張状態が持続し

③筋肉が収縮してしまいます。

 

 

 

・痛い+快感   =痛気持ち良い♪

・痛い+不安・緊張=気持ち良くない(>_<)

 

 

 

アロママッサージの本来の目的は副交感神経を高めるため身体の緊張を緩ませる事(^^)!

 

 

 

 

『痛気持ち良さ』

 

 

を取り入れる事で

 

 

お客様の体に

エンドルフィン=「快感ホルモン」

発生させ、

皆様により心地よく施術を受けて頂けるよう私はいつも心がけています(^^)

 

 

 

↓前回受けた「コルギ」は流石に快楽ホルモンでなかったかな、、笑

 

 

エンドルフィンは、

血液循環を良くし、

免疫力アップ効果もあるため、

健康の維持増進にかかせない物質

 

なんですよ♪

 

 

 

 

 

Hugvieの包み込むような優しいロングストロークに加えた、指圧やストレッチ、痛気持ち良さを交えたオリジナルアロマトリートメント♪(様々な手技が盛り沢山!)

 

 

 

 

是非受けに来てみませんか?(^^)

 

 

 

 

Hugvie銀座

石野