2019.03.25

こんにちは(^^)

Hugvie高田馬場の石野です♪

 

 

 

昨年より、都内で急増中のタピオカミルクティー専門店。

そのブームに乗り、高田馬場でも新店舗が続々とOPENしているという事を皆様はご存知でしょうか。

 

 

今回は、その中でも大人気

台湾発祥のティーカフェ

Gong cha『貢茶(ゴンチャ)』の突撃レポをさせて頂きたいと思います^^!

(ゴンチャジャパン公式サイトはこちら)

 

 

 

↓早稲田口側から南方面に進んだミスタードーナツの地下にお店があります。

 

 

ゴンチャの魅力と言えば。。。

\タピオカ一押し!/

と、いうわけではなく。。。

 

 

①ドリンクの種類が豊富で

②お茶は高品質の台湾ティーにこだわっており

③甘さ、氷の量、トッピングを自分好みにカスタマイズできちゃう!

 

ところが人気のポイントではないでしょうか。

自由度が高いところが良いのですよね(//∇//)

 

 

 

↓早速、階段を降りお店のある地下へ。

 

 

 

↓どうやらイートインスペースはなくテイクアウト専門店のようです^^

 

 

 

↓ドリンクの種類が想像以上に多く迷います^^;

 

 

 

今回は私が注文したのは、

ミルクフォームブラックティー。

平日の夕方で6~7人待ち程で購入することが出来ました♪

 

 

 

ドリンクを選択後、

甘さと氷の量は4段階

トッピングは6種類

の中から、自分好みにカスタマイズできます。

 

 

甘さ→ (カロリーを気にしつつ)

氷の量→1  (でも沢山飲みたい女ゴコロw)

トッピングは、タピオカパールと店員さんオススメのナタデココを追加し。。。

 

あっという間に【Myゴンチャ 】が完成しました♡

 

 

↓カップの蓋ギリギリまでたっぷり♪

 

 

早速飲んでみると。。

 

 優しい甘みのミルクティー

 

 プルプルのタピオカ

 

 コリコリのナタデココ

 

 

ほのかに薫る

茶葉の華やかな香りがお口の中に広がります^^

 

 

 

 

う~ん♪

\まろやか~(^o^)!/

 

 

 

もちろんトッピングのタピオカは大粒&もっちもちで良い感じ♪

 

 

と、ここで。。。

そもそも私がはまっている

この黒真珠のような宝石スイーツ・

タピオカとは。。。

 

 

 

【一体何からできているのでしょうか?】

 

 

少し気になったので調べてみました^^

(まさか、、店員さん達がゼラチン質の液体を

一生懸命手ごねしているわけではないよねぇ?(;´Д`))

 

 

 

☆タピオカまとめ☆

 

 

 

タピオカはキャッサバという

芋の根茎から製造するでんぷんのことを言うそうです。

 

 

 

これを水で溶いて加熱し、粒状に加工すると「タピオカパール」と呼ばれるものになります。

そしてこの丸い粒は。。

 

✖️ 店員さん達がお店のバックヤードで一生懸命手ごねしているわけではなく。。 !(笑)

 

 原料の練ったタピオカを特殊な容器に入れて回転させると、遠心力がかかって雪だるまのように丸くなるそうです。

 

 

 

 

私達がよく見かける黒真珠のようなタピオカは、本来無色のものをカラメルで色付けされているそうですよ^^

 
ちなみに、

タピオカの名前の由来は、ブラジルの先住民のトゥピ語で、

でんぷん製造法を「tipi’óka」と呼ぶことからきたとのこと。
 

 

 

な・る・ほ・ど~!

スッキリ(*^^*)

 

 

 

今度は違うドリンクをチョイスして色々なカスタマイズを楽しみたいなぁ(//∇//) 

 

 

 

 

と、その前に他の新店舗も続々と突入しております\(^o^)/

 

 

 

【オトナのミルクティー♪】

☆Comma tea(コンマティー) 高田馬場店
(2018年10月24日OPEN)

 

 

【コスパ良し♪】

☆CoCo都可 高田馬場店

(2018年12月21日OPEN)

 

 

さてさて、

このタピオカ旋風はいつまで続くのでしょうか?

 

忙しい毎日の中でも、

できる範囲で無理なく楽しく!

ささいな事でも心が踊るこの気持ち、大切にしていきたーい(^^)♪

 

 

 

Hugvie新宿高田馬場

石野