2017.10.05

よく人から、
 
「職業は?」
と尋ねられると
 
「セラピストです(^^)」

と答えておりますが、
 
そもそも、セラピストとはお客様に何をする職業なのか?
 
先日のマナー講座を受講して学んだことを自分の復習もかねてまとめさせて頂きたいと思います♪
 
 
~セラピストの役割とは~
 
セラピー(therapy)を直訳すると、、心理療法・物理療法。
セラピスト(therapist)は治療家・療法士と言われています。
 
具体的には、、
 
心理療法=カウンセリングやお客様とお話すること。
物理療法=トリートメントを施すこと。
 
 
リラクゼーション業は「医療行為」ではないので、セラピストと呼ばれる仕事は、クライアントの不調をマッサージやカウンセリング、セラピー(心理療法)を施して快方へ向かう手助けをすること。
 
リラクゼーションでの役割は、
 
「癒し」を提供することで、
 
お客様の抱えるストレスやお疲れを和らげ、
気分が明るくなったり前向きになれたり、
思考を転換させることでの気づきをもたらし、
お客様自身が変化していく「きっかけ」を作ってあげることです。
 
セラピストはあくまでもサポーター。

変化していく主となる人はお客様であるということ。
変化するために必要な「気づき」を与えるのがセラピストの仕事です。
 
 
 
~セラピストの役割まとめ~
 
・お客様に気づき(心に対して、体に対して、自分を取り巻く環境に対して)を与える。
・心に余裕を作る、気持ちをやわらげる。
・前向きに進んで行く勇気を与える。
 
独りよがりにならずに、広い視野えお客様を暖かく受け入れる心を持っていけるよう、
いろんな分野の人と交流し、様々な意見や考え方をしる努力をしてきたいです(^^)
 
今日も有難うございました♪