2017.10.10

セラピストをしていると、
よくお客様や周囲の人達から、
 
 

「お客様さんを癒してばかりで疲れないの?」
 

 

という質問を受けます。

 

実際、一日中マッサージをして全く疲れないかというと嘘になるけど、それ以上に得られるものの方が大きいです。
 

 

特に精神面で、

 
「人に与えることで、自分の心身が豊かになる」

ことが、セラピストの最大のやりがいかな♪
 

 

 

 
人が喜びを感じるときは、
 
 
私は、「相手に嬉しい事をされたとき」
 
あと一つは、「相手に何か喜ぶ事をしてあげた時」かと私は思います。

 

でも、これは簡単そうで難しいことですよね。
 
 

 

人って本来は、人を愛したい、人の役に立ちたい、人を助けたいという
 
人に「何かを与えたい」という素直な気持ちを持っています。
 
 

 

でも、その素直な気持ちを邪魔しているモノがあります。
 
 

 

それは、「与えたいけど傷つくのが怖い」という感情。

 

損得勘定は悪いことではないし、誰もが無意識的に考えることだけど、、
 
 

 

与えることを出し惜しみしないで、自分に目的と意味を与えてくれた人のために、社会のために尽くしていくことが、本当の豊かな生活なのかな、と思います?